第9回ヘルスケアハッカソンを開催しました!

アナウンサーでもない限り舌を噛んでしまうような骨粗鬆症(こつそしょうしょう)をテーマに、第9回ヘルスケアハッカソンを開催しました!地味な病気かもしれませんが、骨折から寝たきりに結びつきやすい、健康寿命を縮める大きな要因となる重要な課題です。
(今回のHHは、三井不動産株式会社 / デジタルハリウッド大学大学院 / 株式会社医薬情報ネットの協賛のもと開催されました。)
医療の課題を理解せずしてアイデア出しをしても仕方ない。ヘルスケアハッカソンの特徴ともいえる医療者からの情報提供は今回は鈴木裕介(医師、高知医療再生機構 企画広報戦略室長)から。
0002_xlarge
さらに今回は、デジタルハリウッド大学大学院デジタルヘルスラボ・プロジェクトとの連動企画ということで、古川由己からアイデア出しのポイント解説、鈴木裕介・石井洋介からこれまでのヘルスケアハッカソン開催実績を踏まえてイケてないアイデアあるあるの解説をしました。回を重ねてきたからこそのコンテンツができつつあります。また、落合孝文氏(弁護士@渥美坂井法律事務所・外国法共同事業)から、遠隔医療や、アプリ・広告に関する規制など、医療とITを考える際に欠かせない点についてのレクチャーを頂きました。ビジネス、特にIT側からは規制緩和が叫ばれがちですが、患者側としてはきちんとした規制があり安心できるものであってほしいものです。
0019_xlarge
さらに盛り上がりを見せたのが、カリスマAV男優しみけんさん、ウンコ味カレーショップ店長おぱんぽんさん、うんログの田口氏、PooPrideの小関氏をお招きしての「夜のハッカソン」企画(何もハックしてないじゃんか!というのはさておきw)。真面目な発想になりがちな脳みそを大いに揺さぶられる場になりました。
0016_xlarge
アイデアピッチ27、チーム数7つ。参加者も見学者含めのべ50名を超える盛り上がりを見せました。北は仙台、東は名古屋、長野、岐阜、海外はアメリカ(現在スイス在住)、カナダ(現在日本在住)からという、幅広いバックグラウンドからの参加となりました。
0008_xlarge0010_xlarge
最優秀賞は、AED設置場所に工夫をしていざという時にAEDがすぐ到着できるようにするというもの。毎度のことながら、審査員の秦さん、東さんからの建設的で的を射たコメントには勉強させられます。
惜しくも最優秀賞とはなりませんでしたが、まず誰と協力してどこで導入してもらうか具体的に検討してあるチーム、実際にパチンコ屋まで足を運んでインタビューを試みるチーム、アイデアはあったけれど具体的にどう進めたものかわからなかったがエンジニアと協働する中でこれは思ったよりすぐ実現できるかもしれないという感触を得たチームなど、印象に残るものばかりでした。
0030_xlarge0031_xlarge
ヘルスケアハッカソンとしても、課題設定の工夫、医療の課題を理解してもらえるような工夫、アイデア作りのワークショップデザインの工夫など、つきつめていこうと思っています。
■次回以降のHHの予定
10月31日〜11月1日@沖縄
12月19日〜20日@京都
を予定しています。
PeatixのグループもしくはFacebookのグループに参加いただけると最新情報が分かるかと思います。是非!
(今回のHHは、三井不動産株式会社 / デジタルハリウッド大学大学院 / 株式会社医薬情報ネットの協賛のもと開催されました。)